食いつきがいいドッグフード

食いつきがいいドッグフードは? – ドッグフード口コミ集

食いつきがいいドッグフードをお探しのあなたに!ユーザーから集めたドッグフード口コミ集!

同じドッグフードで育てたことから思うこと

読了までの目安時間:約 2分

同じドッグフードで育てたことから思うこと現在、チワワを飼っています。

 

親戚宅で生まれた子で引き取りの際に『サイエンスダイエット』を渡され、今後このドッグフードで育てるようアドバイスを受けました。

 

この子にとってそれが合っていて良いならばと、かれこれ十年以上が経過しています。

 

幼い頃は、パック入りのササミやビーフを混ぜていました。とても食事を楽しんでいたように思います。

 

ところがある時、獣医さんに診てもらったところ、パック入りのエサは身体によくないから止めるようにアドバイスを受けました。以後は混ぜ物をせず、サイエンスダイエットのみ。

 

なんだか食事も乗り気ではないように見え、可哀相に思ったものです。現在は歳もとり、ドッグフードをお湯で蒸らして柔らかくしてあげています。

 

食べやすいのか、ペロリと食べて満足そうです。言われるがままにこのドッグフードのみでやってきましたが、歳をとっても健康で満足した生活ができているのですから、間違いではなかったと思います。

やっとたどり着いた理想のドッグフード

読了までの目安時間:約 2分

やっとたどり着いた理想のドッグフード人々の食の意識が高くなっている昨今、ドッグフードについても気を遣う時代といっても過言ではありません。

 

我が家にいる3匹のワンコ達も、いわゆる価格の高いハイグレードなドッグフードを与えています!と言いたいところですが、それがそうでもありません。愛用のドッグフード会社に失礼ですが...

 

我が家のワンコ達の大のお気に入り且つ、お財布にもとても優しい価格、今のところ言うことなしのドッグフードが『ぺディグリードライ チキン&緑黄色野菜入り』です。

 

気分転換でチキンをビーフに変えて購入することもありますが、チキンでもビーフでも食い付きが良く、今まで与えてきたドッグフードと何が違うのか分かりませんが、ワンコ達には違いがあるようです。3年以上ドッグフードジプシーをしていた苦労を救ってくれたのがコレなのです。

 

ペディグリードライにする前は飼い主の私の「食わず嫌い」というか、実際に私は食べはしませんでしたが、安価なので少し警戒していたのも事実です。しかし、我が家のワンコ達は飽きずに現在も毎日食べています。

 

体調もすこぶる良いし、思えばこのドッグフードにしてから下痢もしていません。我が家にとっては、大満足な結果となりました。

 

多種にわたるドッグフードの中からワンコ達がこのドッグフード選んでくれた理由は、飼い主のお財布事情を察してなのかどうなのか?です。

年老いて胃腸まで弱くなってしまった愛犬の為に

読了までの目安時間:約 2分

年老いて胃腸まで弱くなってしまった愛犬の為に我が家の愛犬には、肉のアレルギーがあると獣医さんから診断を受けてからは、肉の配合が少ないドッグフードを与え続けていました。

 

その甲斐あって酷かった皮膚の炎症が段々と良くなってきて、痒がって辛そうな状態から抜け出す事が出来ました。

 

ただ、それまで与えていたドッグフードは割りと粒が大きめで硬く、消化にはあまり良くありませんでした。

 

若い頃はそこまでお腹を壊す事がありませんでしたが、愛犬も年を取ってしまい遂に老犬になりました。いくら健康とはいえ、老犬になると身体のあちこちが弱ってきているので、特に食べ物によっては胃腸に負担を掛けてしまいます。

 

ついに、消化不良を頻繁に起こす様になってしまいました。

 

そこで、皮膚に優しく胃腸にも優しいドッグフードを探したところ「ロイヤルカナンのベッツプランシリーズ」で、皮膚にも胃腸にも良いフードを見つけて切り替えたのです。

 

愛犬もすぐに慣れてくれて、普通に食べてくれました。切り替えてからはお腹を壊す事が減り、皮膚の状態も良いです。

美味しいものを食べさせてあげたい

読了までの目安時間:約 2分

美味しいものを食べさせてあげたい我が家の愛犬は動物病院で尿検査の結果、ストルバイト(尿石)が発見されてから『ロイヤルカナンpHコントロール』に切り替えました。

 

2ヶ月ほど、このドッグフードを食べさせるだけでストルバイトが無くなったのは良かったのですが、以前のドッグフードには無かった問題点が出てきてしまったのです。

 

このドッグフードは、臭いがキツいような気がします。前に食べていたドッグフードより歯垢が付きやすいのか、口臭も気になり始めました。体臭もここまで無かったような、、、。

 

でもストルバイトを防ぐためには、これを食べさせていくしかないんですよね。

 

今年13歳を迎えるおじいちゃん犬なので、美味しいものを食べさせたいという気持ちが強いのですが、体調に合わせたドッグフードを優先しなければならないのが可哀想な気がしています。

 

これまでもアレルギー体質が原因で、動物病院から勧められたドッグフード以外は一切あげてきませんでした。美味しそうな犬のおやつも与えたことはありません。

 

何でも食べることができるワンちゃんが、本当に羨ましいですね。

健康維持に気を付けています

読了までの目安時間:約 2分

健康維持に気を付けていますウチには5歳になる、ポメラニアン(メス)がいます。

ペットショップで購入した際に、成犬になっても3キロ程でしょうと言われていたのですが、今はなんと6キロもあるのです。

 

見た感じそこまで太ってるようには見えないのですが、かなり体重が増えてしまったせいか、暑い日や散歩で走ったりするとゼーゼーと音をさせながら息をしています。

 

気になって病院へ連れて行った時には、小型犬に多い「気管が狭い病気」だと診断されました。

 

このことに関しては遺伝などの要素が強いらしいのですが、更に太ったことで気管の周りに無駄な脂肪が付いてしまうと、運動した後によくなるそうです。

 

また、小型犬にも関わらず結構な体重があるので、もともと膝をかばう様なぎこちない動きをしていたのですが、それも悪化したように感じました。

 

先生から「1キロ以上のダイエットをした方が良い」と言われ、ドッグフードを見直すことに。そこで、ウチの犬がたどり着いたドッグフードは「サイエンスダイエットプロ・成犬用」で、肥満気味の小型犬向けのものです。

 

他のダイエットフードも試しましたが、これが一番よく食べてくれたので、こちらを愛用してます。食物繊維も含まれているので便の出も良いですし、小粒なので食べやすく、少し他のより値段は張りますがダイエットと健康維持の為にこちらを使ってます。